2018年7月2日月曜日

雨の前に洗車したほうが良いという情報があったため、初めてフォレスターの洗車をした | 日々のメモ帖 by holidaybuggy1980 holidaybuggy1980
300 300

雨の前に洗車したほうが良いという情報があったため、初めてフォレスターの洗車をした

先月、納車されたフォレスターの洗車をしようといつやるか考えていましたが、最近、雨続きで洗車ができないなと思っていたところ、雨の前に洗車したほうが良いという情報がインターネット上に結構あったため、今回、なぜ雨の前が良いのかというのを踏まえて、フォレスターを洗車したときの話をしたいと思います。

なぜ雨の前が良いのか?


雨の前に洗車したほうが良い理由は下記の通りらしいです。

  1. 雨の中には酸性雨が降ったりして、酸性雨が元に合った汚れと混ざり合うと汚れが頑固な汚れに変わってしまうため、雨の後の洗車が大変になってしまうから、雨の後でも汚れが付きづらい。
  2. 元からある汚れと酸性雨が混じり合い雨染み(ウォータースポット)になってしまうことがあるため、雨染み(ウォータースポット)になりづらい。
  3. 雨の前の洗車より雨の後の洗車のほうを重要視してやってしまうと、どうしても酸性雨と元の汚れが混ざり合う時間があり、汚れが蓄積されてしまう。

晴れの日に洗車をする場合


晴れの日に洗車をする場合、雨染み(ウォータースポット)を防ぐため、素早く拭き取る必要があります。

また、ワックスがけをする場合は、雨の日にはできませんので晴れの日に洗車をしなければなりません。

機械洗車と手洗い洗車


よく、機械洗車をするとボディに傷がつくから新車のうちはやらないほうが良いといわれますが、現在の門型洗車機のブラシは柔らかい素材のものが多く、昔と違って、手洗いしなければならないということはないようです。

自分が住んいる近所に機械洗車のドライブスルーがあり、料金的にスプレー洗車の料金と変わらないため、洗車後の拭き取りが楽な機械洗車をすることにしました。

なぜ、機械洗車のほうが拭き取りが楽かというと、ブラシで洗車した後、仕上げでエアによる水飛ばしにより、ほとんど水が残らないので、最後、少し残った水滴を拭き取るだけで良いからです。

手洗いの場合、エアで水を飛ばさないことがほとんどなので、拭き取りを雑にしてしまうと乾いたとき、雨染み(ウォータースポット)になってしまいます。

雨染み(ウォータースポット)を防ぐ方法


洗車する場合は、以下のことに気を付けておけばよいようです。
  • 雨の前に洗車して水弾きを良くしておく。
  • ワックスや撥水加工をする。
  • 雨の後は出来だけ水滴を拭き取る。
  • 水垢は残さない。


以上、参考にしていただければ幸いです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • list


ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Ads by A8.net